生きるために欠かせない酵素 3つのタイプをそれぞれご紹介!

私たちがふだん食事からとりいれている栄養素。
三大栄養素の炭水化物、タンパク質、脂質の他にビタミンやミネラル、食物繊維といったものがあります。

これらの栄養素を体の中できちんと働かせるのに重要なのが、酵素なのです。
酵素は食べ物を消化し、体に取り入れた栄養を代謝させて血液や細胞を作り出したりする大変重要なものなのです。

酵素には3つのタイプ

酵素には体の中に存在する消化酵素代謝酵素、そして外から取り入れる食物酵素の3種類があります。
それぞれについて解説していきます。

まず消化酵素とは、私たちが普段食べているご飯や野菜などに含まれる栄養素を、体に吸収しやすいように分解するものです。

唾液に含まれるアミラーゼは炭水化物をブドウ糖に分解し、胃液に含まれるペプシンはタンパク質をアミノ酸に分解します。
脂肪は膵液の中にあるリパーゼと呼ばれる消化酵素が分解して脂肪酸になります。

そして代謝酵素は消化で吸収した栄養を燃料にして、体を作ったり内臓を機能させるエネルギーを生み出します。

代謝酵素の主な働きとしては、基礎代謝・新陳代謝・有害物質の除去・自然治癒力・免疫力などがあげられます。

食物酵素は生野菜や発酵食品からとるのがポイント

最後の食物酵素は体内にはなく、食べ物から取り入れる必要があります。
これらはヒトの消化酵素の働きをサポートするほかに、食物自体に自己消化する働きもあります。

食物酵素が不足すると代謝と免疫力が低下し、太りやすくなったり病気の原因になったりもするのできちんと摂取していくことが重要です。

食物酵素は生の野菜や果物、穀物、刺身などの新鮮な食材や納豆、味噌などの発酵食品に多く含まれています。
ただ熱に弱く48度で壊れてしまう特徴があるので、調理には注意が必要です。

普段の食事にオススメなのは、野菜のサラダや塩もみ、すりおろし、酢漬けといった火を通さなくても美味しく食べられる調理法です。
納豆や豆腐を使った伝統的な和食中心の生活にするのも、食物酵素を効率よく取り入れられるので望ましいです。


関連記事


おすすめ酵素サプリランキング